お食事処を開いてみた…2095日目

   

お食事処を開いてみた

 

30畳ぐらいの広さの部屋
全て座卓で…6~8人用の丸テーブルが3つ

 

自動ドアの入り口に…
部屋の壁際には…自動販売機

 

ジュースの自販機が2台に…
残り1台は食べ物が入ってる
弁当だったり…サンドイッチだったり…

 

その自販機に、食べ物を詰め込む業者
60代後半の眼鏡を掛けた、バーコードハゲ
私が目の前に立ち、作業を見ている

 

サンドイッチ…よくコンビニで見掛ける品
値段は…なんと「70円」
他の弁当も「200円台」で、めっさ安い

 

詰め込みが終わり…
オッサンと対峙しながら、席に座る

 

 

これで作業は終わりですか?
お疲れ様でした
ずいぶん安い商品なんですね

 

 

私からオッサンに話し掛けるが…
愛想が悪い人らしい
でも、しつこく話し掛けたら…

 

 

お宅…こんな店でやってくつもり?

 

 

一言目から…何故か憎まれ口
社交性が無い人と話したくない

 

 

これから他にも回るんですか?
もう夜で年末だから大変ですよね~?

 

 

カレンダーは…12/15
時間は…15時
帰らせる為に、話をまとめ始めたのに…

 

 

何?お宅、何でこの店を…?

 

 

あくまで居座る気だな
無愛想な奴と話すとストレス掛かる
早く帰らないかな~

 

 

…って所で夢から覚めました(*´∀`)♪

 

あんまり楽しい夢じゃなかったので(^^;
起きた時から…胃が収縮(T_T)
こんな日が多々あります(-_-;)

 

夢の中まで緊張感…なので…(-_-#)
だから…脳が治らないのかな~(-_-;)

 

 

image

 - 変な夢シリーズ