パニック障害は、ガニ股で歩け…1499日目

   

パニック障害に限らず…ですが…(^^;
肉体に緊張感を伴う病気の場合(^^)d

 

がに股…で歩く

 

これは、なかなか効果があります(^^)v

 

 

私の場合は…元々、左足が悪い(^^;
緊張すると、よく左足が突っ張る(^^;
そして…足が笑い始める(-_-;)

 

ここ2週間、調子が悪い(-_-;)
でも、リハビリの為に散歩(^^)/
歩き始め、5分は決まって…(^^;

 

左足が棒になってる(ぶん回し歩行)

 

上記の説明通り…外出する緊張が…(^^;
左足に…モロに出ている証拠(-_-;)

 

この際、特に注目するのが…(^^)v

 

内転筋群(内もも)の硬さ

 

人間の筋肉は…(^^)d

 

伸筋:屈筋
   2:3

 

こんな感じなのです(^^)v
つまり屈筋の方が強いって事は…(^^)d
緊張感も、屈筋に強く影響する(^^)/

 

ストレッチ・ヨガ…効果あり

 

パニック障害には、効果が高いとか(^^;
いわゆる、筋肉を柔らかくする事で…(^^)v
常時の緊張感を和らげる…って事(^^)/

 

ただ…歩いている際(^^)d
その場で、ストレッチは難しい(^^;

 

なので…がに股で歩く

 

これで内転筋の緊張を取り…(^^)v
発作を抑える…って事です(^^)d
意外とパニック障害の方は…(^^;

 

体を丸めてる

 

そんな方が多いのです(^^;
コレは…本能的に体を丸め…(^^)d
外敵(刺激・情報)から身を守っているから(^^)v

 

なので…よく患者達にも言いますが…(^^)/

 

背中を丸めない

 

よく自分の姿勢を確認して下さい(^^)d
姿勢の悪さ…感じる筈です(^^)/

 

背筋を伸ばし…体育座りせず…(^^)d
気が付いたら、股関節のストレッチ(^^)v

 

どうやれば良いか、分からないけど…(^^;
横隔膜のストレッチがあれば…ソレも(^^)d

 

話がだいぶ脱線しましたが…(^^;
まずは…がに股で歩く(^^)v
自宅では、ストレッチしまくる(^^)d

 

これを頑張って…(^^)v
早くパニック障害を治しましょう(^^)/

 

 

ちなみに図鑑製作…少し進行しました(^^;
討伐写真をupしてあるので…見て下さいね(^^)v

 

モンハン(MHF-G)モンスター図鑑

 - パニック障害